MUFGのスーパー普通預金について

三菱東京UFJ銀行のスーパー普通預金(メインバンクプラス)というものがありますが、この利用を考えていたので色々と質問してみることにしました。
もしも同じように利用を考えている場合の何かしらの参考情報として少しでも役に立てればいいかなという感じです。

まず、スーパー普通預金の利用を考えた理由は、家賃の振り込み手数料を無料にしたいからです。毎月かかる振り込み手数料が無料になれば結構大きいですからね。

一概にスーパー普通預金と言ってもその中に優遇制度が段階的に分けられていて、三菱東京UFJダイレクトの利用だったりその上で一定以上の預金残高の条件などがあるようです。いずれにしても、引き出しだったり振り込みの手数料が無料になる事は、米粒みたいな金利を受け取るよりも手数料を抑えた方が良いですからね。

今現在、ダイレクトの利用が可能なら簡単に手続きすることが出来る。

スーパー普通預金は、現時点で三菱東京UFJダイレクトの利用が可能な状況であれば、パソコンからログインして、全てのメニューの中からメインバンクプラスへの移行のメニューを選ぶことによって、後はそれに従って手続きをしていくことが可能なようです。

実際にパソコンからログインして手順を伺う予定でしたが、パソコンでのログインを長く利用していなかったので、ワンタイムパスワードが出てしまい、その関係でメール確認などが面倒だったのでとりあえず口頭での説明のみお願いしました。

なので詳しい手順はわかりませんが、特に難しいことはないと思っています。

実際に手続きしてみましたが、ものの1分程度で手続きを完了することができました。ちなみに、メインバンク総合ステートメントというものがあるんですが、これは、特に必要性を感じなかったので「不要」を選択しました。

尚、スーパー普通預金から普通預金へ戻すことも可能なようです。

また、スーパー普通預金(メインバンクプラス)は、利用開始時に優遇制度が設けられています。登録から3ヶ月間は、3段階の一番上のステージである『プラチナステージ』の優遇を受けることが出来るそうなので、コンビニへの引き出しや他銀行への振り込み手数料も無料となるようです。

コンビニATMの利用手数料について

スーパー普通預金に関係する情報として、オペレーターが注意点として伝えてくれたことですが、コンビニATMから引き出しをする場合は、普段は、その都度手数料がかかります。

それがスーパー普通預金に切り替えることにより、1ヶ月(毎月20日から翌月19日まで)という期間での限度回数があるものの手数料無料で引き出すことが可能となります。

尚、提携するコンビニATMは、セブン銀行、ローソン銀行、e-netバンクの3社のみとのことです。

個人的には、コンビニでは引き出し手数料がかかるので、普段は、イオン銀行やJAバンクから引き出すようにしています。これらであれば手数料無料で何回でも引き出すことが出来るので楽ですが、やはり、近くのコンビニで手数料無料で引き出せるなら、それが一番便利だなと思います。

IC付きカードなら引き出し上限1,000万円まで

普通のキャシュカードであれば、1日に引き出せる額の上限が500,000円までとなっています。また、手続きによっては、最大2,000,000円まで上限を伸ばすことも出来るということを聞きました。

ちなみに、窓口のみの手続きとなります。
尚、これが、ATMでの引き出し限度かまでははっきり聞いてないので分かりかねます。

ですがこれは普通のキャシュカードに限った話です。

これをICつきカードに切り替えることにより、一日最大1千万円まで引き出すことが出来るようになるとのことです。ほとんどの場合は必要無い機能な気がしなくはありませんが、ICカードは、セキリティに強いカードなのでそれが可能となるとのことでした。

その代わりICカードに切り替えると、今度はコンビニので引き出すことができなくなってしまいます。なので普通にコンビニATMからの引き出しを考えているので、あれば今まで通りキャシュカードを使うのが妥当な方法。

古いタイプのキャッシュカードは無料で交換してもらえる

三菱東京UFJ銀行は、合併前は、東京三菱銀行とUFJ銀行でしたが、この合併前に作ったキャシュカードを持っている場合は、無料で私ものにデザイン変更してもらうことができます。

私自身もUFJ銀行時代にキャシュカードを作り、それから10年以上使用していますが、さすがに、見た目もボロボロになり取り替えたいなと思っていました。

そこでついでにそのことについて確認してみると、古いタイプのキャシュカードであれば、「デザイン変更」という名目で無料で交換してくれるとのことです。

三菱東京UFJ銀行になってからキャッシュカードを作り、それを何らかの理由で交換したいと考えている場合は、発行手数料がかかりますのでご注意ください。

また、交換する場合には、キャシュカードと銀行への届け出印を持ち、店頭窓口での手続きとなります。遠隔地に住んでいて近くに店舗が無い場合は、手続きを行った店舗に直接連絡することで電話でのやり取りも可能となるかもしれないとのことでした。

基本的には、窓口で済ませれば問題無いと思います。

Copyright (C) 2016 日々思うことなんかをマイペースに書き残し All Rights Reserved.