朝食は食べない方が健康?

どこかで知った情報ですが、朝食を食べることで健康寿命を延ばすことが出来ると言われている一方、反対に、朝食を抜いた方が健康的でいられるという情報も増えてきていると知りました。そういう本も結構あるようですね。

どうやら、その根拠として、人の体が飢餓状態になったら病体のタンパク質を分解してエネルギーを作り出すから、それが健康に繋がるそうです。そうやって一時的に飢餓状態を作ることが、結果的に免疫力アップに繋がるという意味でしょうか。

朝食を抜くくらいで飢餓状態になるのかが微妙なところですが、その本にはそうした答えも書いているのかもしれません。

その一方で、小学校では、朝食を食べてから学校に来ている児童と、食べないで来ている児童では、しっかり朝食を食べて来ている方が集中力が高いという結果が出ているそうです。
まあこれは、まだまだ病気など心配ない子供は、しっかりと朝食を摂るようにすべきな事に違いはありません。

そして、朝食を食べるようにすると健康寿命を延ばすことが出来るという情報も有る。
そうなるとどちらが自分にとって良いのかななんて考えてしまいますよね。

私自身は朝食をわりと食べる方です。
というか、あまり食べないようにすると、やっぱり体の調子が上がってこないというか、頭が働かない感じがあるから、健康云々というよりは、そうした方が調子が良いからというだけな感じですね。

でも、色々な栄養をしっかり摂ろうとし過ぎると、血のめぐりの悪い朝に、更に食べたものを消化するのに血液が沢山使われてしまい、その後だるくなることも有るので、少し量を抑えることにしてみました。

その上、これもどこかで拾ってきた情報ですが、朝というのは、寝ている間に水分が減るので軽い脱水状態にあるということで、朝食の前に、水を飲んだりするのが良いそうです。冷たい水ではなく、ぬるま湯位のものが良いようです。

しっかり抜けた水分を吸収した後に、軽めの朝食を摂る。

そのくらいが丁度良いのかななんて思っていますけど、やっぱり、全く食べないというのはちょっと考えにくいなという感じですね。最近流行のファスティングなんてのもやってみたいと思うんですが、やっぱり、朝食は少しでも摂っておきたいなと。

食べないことで健康になるしダイエットにも繋がると考えると、朝の忙しくて面倒な朝食を抜くというのが推奨されているかのように感じてしまう部分もありますが、それもやり方を間違えると、栄養が偏ってしまうことにもなり兼ねません。

そうならないように気を付けなければ、いけないのかななんて思います。

Copyright (C) 2016 日々思うことなんかをマイペースに書き残し All Rights Reserved.