ケジラミ用のシャンプーは薬局でも買えるとのこと

大人になると気をつけたい寄生虫のひとつ。
ケジラミによって、皮膚に激しい痒みが引き起こされる、ケジラミ症。具体的には、ケジラミが皮膚から吸血する際に痛みを感じさせないために流し込む麻酔成分に、人体がアレルギー反応を起こすことで痒みを感じるそうです。

これだけなら虫刺されと同じ仕組みなのですが、ケジラミは蚊と違い、陰毛上にたくさんの卵も産み付ける関係上、あっという間に増殖するため、痒みの程度は甚だしいのだとか。

そのため、ケジラミを駆除するには、現時点で皮膚から吸血している成虫だけでなく、後々孵化して成虫となり得る卵まで除去する必要があります。

しかし、そんな一掃できる方法なんて、陰毛を全部剃る以外で何かあるのでしょうか?

最近は薬用シャンプーが販売されていることが分かりました。スミスリンシャンプーと言うのですが、人体には無害な殺虫成分が含まれているため、これで3日に1回くらいの割合で陰毛を洗い続ければ、2週間ほどで卵諸共ケジラミを駆除できるのだとか。

加えて、このスミスリンシャンプーは、皮膚科などの病院で処方してもらわなくても、薬局で普通に売っているため簡単に入手できるとのことでした。それなら、陰毛を全部剃るよりも断然良いです。

でも、なにやら殺虫剤と同じ成分だから体には良くないかもしれないなんていう情報もあります。その辺は、厚生労働省の議事録のような情報を観たことがあるんですが、そうした懸念はあるものの根拠はないということで棄却されているようです。

一応、日本国の厚生労働省が使用しても問題無いということで承認しているので、健康被害はないのだと思いますが、その辺も踏まえて、出来るだけ安全に使えるものがあればそちらの方が良いですよね。

そう思って調べてみると、最近になって、海外製のシラミ駆除製品でスミスリンよりも簡単に駆除出来るだけでなく、成分も安全なものが使用されていてこれから利用者が増えるのではないかという期待が持てるものがありました。

その薬の名前はシラミンというそうですが、内容を見てみると、これなら、安心して使えそうだなという気がしました。

なぜか使うことが前提になってしまっていますが、ケジラミにならないようにまずは気をつけることが優先ですね。今までの人生では一度もなったことはありませんが、それがこれからも続くとは限りませんから、くれぐれも注意しておきたいところです。

Copyright (C) 2016 日々思うことなんかをマイペースに書き残し All Rights Reserved.