シミ対策にはアロエベラが良いらしい

年々増えていく顔のシミ。
意識しないと新しくできたシミなんて気づかないものですが、時々、鏡をマジマジと見ると、「あれ?こんなところにシミがあったかな…?」と気づくこともあると思います。

シミは、メラニン色素が沈着してターンオーバーが間に合わないと増えますが、食べ物によっても増えるそうです。砂糖シミなんて呼ばれ方もしているそうですが、精製されたいわゆる砂糖は、分解する過程で活性酸素が生じるそうです。

それが、シミの原因になるんだとか。
なので、甘いものが好きな人ほどシミができやすいなんてこともあるかもしれません。後は、腸内環境があれているとか。

何にしても、何か対策する方法が無いかなと思って調べてみたら、どうやらアロエベラが良いそうですね。アロエにもキダチアロエという日本でもある品種ではなく、外来種のベラさんの方が良いようです。

まあ、そんなに違いは無いかもしれませんが、アロエベラで実際にシミが改善したという情報も多いようなので、それをそのまま真似した方が良さそうです。

そんなアロエベラのクリームなどは、色々な種類があって価格も安いので手軽に始めることができますが、本格的な方法として、食用のアロエを買ってきて、そこからオリジナルで作るのも一つの方法。

作るというか、アロエの葉を切ると既にプルプルのジェル状態なので、そのまま塗ったり、または、おろし金でおろしたものを塗ったりするのも良いそうです。
切るときには、側面のトゲを取り除いてから行うと危険もありません。

シミ予防や改善としてだけではなく、そもそもは、日焼けで傷んだ肌のケアに用いるのが主流なので、そうした意味合い、または、保湿クリームとして、夏場だけでなく冬場にも重宝してくれるそうです。

そう言えば、去年の冬は、ボディショップのクリームを使って、そんなに効果を感じなかったから、やっぱり、植物そのものの状態に近くて効果の期待できるアロエにしてみようかなと考え中です。

Copyright (C) 2016 日々思うことなんかをマイペースに書き残し All Rights Reserved.