アイロンのスチームでワイシャツが焦げました

市販のワイシャツがどれもブカブカで着れそうにないものばかりなので、オーダーメイドでワイシャツを作ってみました。価格も1万5千円とそこそこ良い値段。

そのワイシャツを初めて着て、汗だくシワシワになったので洗濯して乾かしてからアイロンがけをおこないました。

久しぶりのアイロン。
とりあえず、スチームをかけまくったら、なんだかカス見たいのが付着します。どうやら、カルキの結晶かなにかが噴射していました。

おそるおそる使っていくと、出なくなってきたのでまあ良いかと思いスチームかけまくりでアイロンがけしてました。

後から床を見たら、そのカスっぽいのが散乱しまくってましたけど…。

にしても、中々シワが伸びない。
そこで、アイロンを生地に押しつけた状態のゼロ距離でスチームをかけてみたら、その一部が焦げてしまいました…。

スチームの高温で加湿しているつもりが一気に温度が上がって水分が飛んで焦げたんだと思いますが、見事に焦げの線が入ってしまいました。残念。
場所がパンツの中に入って見えない部分だったので不幸中の幸い状態で済みましたが、アイロンのスチームは、いろんな意味で使わない方が良いなと思えた出来事でした。

その後、普通に霧吹きで湿らせながらアイロンがけしたら、そっちの方が断然楽にシワが伸びるではありませんか。中身もただの水でのびてくれるから、こっちの方が安全です。

今回の失敗を教訓に、これからは、タンクに水を入れずスチームなしで使うこととします。

Copyright (C) 2016 日々思うことなんかをマイペースに書き残し All Rights Reserved.